整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

「整理整頓」という言葉を聞いたことはありますよね。整理整頓とは、一体どんな意味の言葉なのか、ご存知の人はいるでしょうか。

整理整頓の意味を理解して家の中を掃除すれば、本当に綺麗な状態の部屋にすることができます。整理整頓についてを知って、上手に物の片付けができるようにしましょう。

そこで今回は、整理整頓の意味と、上手な片付け方についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

整理整頓の効果と効能!片付けるメリットを知ってキレイに

お部屋の中が常に散らかっている状態だと、それが日常になってしまい、散らかっていることに特に何も感...

部屋の生活感を消すために!生活感のないリビングの作り方

ネットで見かけるステキやお部屋やインテリア雑誌で紹介されている部屋は、同じ主婦でも生活感がなく、おし...

掃除や片付けで捨てることができない人へ!本当に大切な物とは

掃除や片付けをスムーズに行うためには、まずは不要な物を処分することが必要です。物で溢れかえったお...

部屋の臭いが気になる人のために効果的な対策方法をご紹介

仕事が終わって一人暮らしの部屋に帰ってくると、なんだか臭いが気になることはありませんか。 もし...

掃除が上手な人の特徴とは?家がキレイな人がしているコト

掃除が上手な人の特徴として、こんなことがあげられます。 掃除が出来ない人からすると、不思議に思える...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

整理・整頓・清潔の意味をしっかりと理解することから始めよう

整理・整頓・清潔の3Sは、企業で取り入れられている生産性向上などに寄与する活動のことですが、家庭にも...

片付けで捨てるべき物のリストや捨てるコツをわかりやすく紹介

片付けを始めたものの捨てるべきものがよくわからないという事はありませんか。 最近流行りの「断捨...

網戸の掃除をお風呂場で行う方法と日常的なお手入れのコツとは

網戸の汚れが目立ってくると、思い切って窓から外して掃除しようと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

【洋服の収納術】クローゼットを上手に活用するコツを教えます

クローゼットはあるのに、ただ洋服をかけているだけだともっと上手に収納したいと思うこともあるでしょう。...

部屋の掃除ができない人の特徴と掃除下手でもできる掃除方法

あなたの部屋はいつもキレイな状態ですか?多くの方は「いいえ」と答えるのではないでしょうか。 部屋の...

掃除や片付けをしてもすっきりしないのはナゼ?原因を突き止める

掃除や片付けをしたら気分スッキリ!のはずなのに…。 掃除をしても全然すっきりしないのはどう...

短期間で片付けをスムーズにする方法。キレイな部屋にするコツ

短期間で片付けをしたいときは、ポイントを絞ることで部屋の片付けがよりスムーズになりますよ。 ...

畳の掃除の仕方の基本のコツや注意点と汚れを防ぐお手入れ方法

畳の掃除の仕方については、絨毯やフローリングの掃除をするときよりも慎重に行う必要があります。 畳を...

断捨離はどこから始める?上手に断捨離する方法と注意点を解説

断捨離をして家の中を片付けようと思っても、一体どこから始めるのが正解かわからないという人もいますよね...

スポンサーリンク

整理整頓とはどんな意味?整理の意味・整頓の意味

整理は、必要なものと必要ないものに区別することを言います。また、必要なものと必要ないものに区別して必要ないものを捨てるという意味でもあります。

物を整理するときには、まずいるものといらないものに分ける必要があるのです。

整理をしているときには、いるものといらないもの、これから使うかもしれない、捨ててもいいかどうか迷ってしまうときにはとりあえず「保留」にしておきましょう。

いるものといらないものを決め終わった後に保留のものを判断しましょう。

整頓は、使いやすいように置いておくことを言います。整頓をするときには、使わないものが混ざっていると使いにくくなってしまいます。

よく使うもの、そうでもないもので整頓することで散らかることを防ぐことができます。また、似ているものや何に使うものなのかわかりやすくしておくのも整頓と言えるでしょう。

食器をしまうときに、よく使うものは手前の出しやすい場所に置いているかと思います。使うことを考えて整理整頓ができるといいですね。

整理整頓とは?上手に整理整頓するコツ

上手に整理整頓をするにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか。

整理整頓が上手い人は

  • 必要なものだけを置く
  • ストックしすぎない
  • 使ったら元の位置に戻す

ことができています。こうして見るととてもシンプルで簡単に感じますが物が多い、捨てられない人は必要なものだけを置くことが苦手です。

壊れていないから捨てるのはもったいない、お金を出して買ったのに捨てるのはもったいないと理由をつけて使わないものを捨てずにいます。

また、必要なものだけを置ける人は本当に必要なものだけを買っています。安くなっているから、みんなが持っているからという理由で物を買いません。自分が必要かどうかの判断基準がハッキリしています。

洗濯洗剤、台所洗剤、シャンプーに調味料など家庭にはストックしておいたほうが良いものがいくつもありますよね。しかし、家にどのくらいストックがあるかわからず同じものをいくつも買ってしまってはいませんか?必ず使うものであれば無駄にはなりませんが、消費期限の切れたもの、使わなくなったものなどはストックしておくのは収納スペースの無駄遣いとなります。

使ったものを、ついついそのまま置きっぱなしにしてはいませんか?戻すのが面倒なのはその収納場所がしまいにくい場所であることが原因かもしれません。定位置に決め、戻しやすくする工夫をしてみましょう。

整理整頓とは整理をすることから始める

整理をするときには、思い切ってそこに入っている物を全部出してしまいましょう。クローゼットや引き出しの中で整頓しようとすると、必要なものと必要でないものの判断がしにくくなってしまいます。

まずは、全部のものをだしてしっかり必要なものと必要でないものを分けましょう。

洋服などは、1年単位で考え細々したものは過去一カ月間に使ったかどうかを考えてみましょう。これから使えるかどうかではなく、過去に使ったかどうかが判断基準となります。

物を捨てることが苦手な人は、人に譲ったりリサイクルショップに持って行きましょう。
物をしまうときには、よく使うものを手前にそうではないものは奥のほうにしまいましょう。このしまうときのポイントは、ぎゅうぎゅうにしまわないことです。

空間や収納があるからといって一度捨てようと思っていたものを戻してはいけません。

その空間はできるだけ空けておくことが大切です。そのスペースがあることでいざというときに物をしまうことができるのですから。

整理整頓のポイントは?

普段、整理整頓をしていないと必要なものと必要でないものを決めるのも、物の置き場所を決めるのも、作るのも大変なことだと思います。

整理整頓は勢いも大切ですが、途中で嫌になってしまわないようにひとつひとつ行っていきましょう。

リビングにある棚の整理整頓をしたら、クローゼットを整理整頓する。キッチンが終わったら、子どものおもちゃを整理整頓するなど手当たり次第にするのではなく一ヶ所、一室が終わったら次に進むようにしましょう。

床にそのまま物を置いてはいませんか?

ソファやタンスなど置く場所が床でないといけないものではなく、洋服やカバンなどをそのまま床に置いてはいませんか?

まずはその床に置くのを止めましょう。掃除をするときに、いちいち床にあるものをどかすのは大変ですよね。置く場所が床でないといけないもの以外は、床から浮かせて収納できるようにすることで部屋がスッキリしますよ。

お掃除ロボットが掃除しやすいお部屋は、床に物がない状況と言えます。そうすることで、部屋が散らかりにくくキレイな部屋を保ちやすくなります。

整理整頓の意味を理解して片付けをしよう

整理整頓を面倒な事と思うと、整理整頓は難しくしにくいものとなってしまいます。整理整頓ができる人は、リビングテーブルの下を上手く収納スペースにしたりバスケットなどを利用し見た目をスッキリとさせています。

本を収納するときにも、読まない雑誌は貯めておかずに本の大きさも揃えて収納しています。

デスクスペースは、ファイルや書類ケースの色を統一すればリビングにあってもごちゃごちゃした印象を与えません。

スッキリ見せるためには、大きさや色などを合わせることが大切です。

物を置きすぎてゴチャゴチャしてはいませんか?お店で並んでいる商品が見やすいのは、ある程度の空間があるためです。

空間があることによって、そのものが目立ちます。商品も、同じものが並んでいるから見やすいのです。

家の中まで、お店のようにディスプレイする必要はありませんが物がありすぎる、置きすぎていることで残念なお部屋になっていることが多いので少し物を減らしてほどよい空間を作ってみてはいかがでしょう。

掃除の手順カテゴリの最新記事