物を捨てる技術【断捨離】は心の余裕をつくり人を成長させる

物を捨てる技術【断捨離】は心の余裕をつくり人を成長させる

物を捨てる技術を一言で表すと断捨離になりますが、これはだた単に物を捨てるということではありません。

そして、人は物を捨てるときに、どれが必要な物でどれが要らない物なのかも判断する必要があります。

物を捨てる技術をえるためには、この判断する力を鍛えなければならないでしょう。

そこで、物を捨てる技術である断捨離によって得られることについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タンスを処分するには解体しかないの?タンスの処分方法について

タンスの処分に頭を悩ませている人は多くいます。 昔ながらのタンスは重たくて、そう簡単に家の外に...

断捨離はどこから始める?上手に断捨離する方法と注意点を解説

断捨離をして家の中を片付けようと思っても、一体どこから始めるのが正解かわからないという人もいますよね...

シンプルな部屋にするためには物を捨てることから始めよう

テレビドラマに出てくるようなシンプルな部屋を見ると憧れますよね。白が基調になっていて、余計な物が置い...

物を減らすコツ。単純に捨てればモノは減るけれど満たされない

物を減らすコツ。 あなたにとって『もの』ってなんですか? 生活を豊かにするためのツール?...

物を減らしたい心理とは?その原因とメリットについて考えよう

断捨離する人やミニマリストになりたい人が増えていますが、そこには物を減らしたいという心理があると言わ...

【片付けの心得】捨てる小物かどうかの判断基準を自分で決めよう

断捨離を始めようと片付けを始めると、たくさんある小物を捨てるべきか捨てないべきか悩む人も多いでしょう...

ゴミ出しの時間は何時までなのかルールをしっかり守ろう

ゴミ出しの日は自分でチェックしているつもりでも、うっかり忘れてしまう時もあるでしょう。 そして...

【片付けの基本】捨てる洋服を選ぶ基準について理解しよう

「いつかまた着るかもしれない。」そう思って片付けないでいると、クローゼットがいっぱいになってしまいま...

物を捨てられない親の心理を理解して、一緒に片付けを始めよう

久しぶりに実家に帰ると、家の中が物でいっぱいになっていることがありますよね。 特に親が高齢にな...

片付けと捨てるの違いについて。暮らしに溢れるモノと向き合う

片付けと捨てるは違います。 片付けは使ったものをもとの場所に戻してしまうことです。 暮ら...

整理と整頓の違いについて。モノも思考も『整理』『整頓』が必要

整理と整頓の違いについて知っていますか? 生活環境の整理整頓ができていれば、思考回路の整理整頓...

物をすぐ捨てる人の性格とは?断捨離に集中しすぎるのも危険

物をすぐ捨てる人はどのような性格をしているのか、気になったことありませんか? なかなか物を捨てられ...

断捨離はいつか使うかもをやめればいいんです!物を捨てるコツ

断捨離とは、いつか使うかもと何故かいつまでも捨てられない物を捨てるところからはじまるのではないでしょ...

ゴミを捨てる夢の意味とは?ゴミと夢占いについて理解しよう

夢占いが話題になっていますが、自分が見た夢がどんな意味を持っているのか気になる人も多いのではないでし...

断捨離をする時は、捨てる方が良いのか売る方が良いのか

部屋を綺麗に片付けるのなら物を綺麗に整頓して収納に効率的にしまうのが一番です。 しかし、物があまり...

スポンサーリンク

物を捨てる技術である断捨離は心の余裕をつくることができる

断捨離とは物を捨てる技術と言われていますが、自分にとって必要ないものを見極める技術も必要となるでしょう。しかし、物を捨てることばかり意識しても余計な執着が生まれてしまいます。

心の執着を手放すための断捨離なのに、執着を生んでしまっていては無意味になってしまうでしょう。

では、心の執着を手放し心に余裕をつくるためにはどうしたらいいのでしょうか?

心の執着を手放すということは、何かに囚われていることを諦めることです。

自分に問いかけてみて下さい。欲しいものをあきらめると、どうなりますか?そのものを欲しい理由はなんですか?

その「理由」こそが心を縛っている執着かもしれないのです。

そしてその心を縛っているものを諦めると、心に余裕を作ることができます。断捨離とは、心を縛っている執着を捨てる技術とも言えるのです。

物を捨てる技術は絶対にいるものを選別することからはじまる

物を捨てると決めても、物を捨てることができない人もいるでしょう。

捨てることを前提とした生活に変えなくてはいけないのですが、それがなかなかできないのです。

その理由は

  • 分別など物理的に大変なものがある
  • 捨てるものが判断できない

この2つのどちらかでしょう。そしてこの時に捨てる技術が必要となるのです。

さらに捨てる時には

  • 絶対にいるものを選別する
  • 捨てるゴミを分別する

これらの作業が必要になります。

実は捨てるということは、買うよりも大変なことなのです。お金を払えば物は買えますが、物を捨てるとなるとその自治体のゴミの捨て方のルールを守らなければなりません。

物を捨てることにはエネルギーが必要となります。さらに物を捨てる技術は絶対いるものを選別することからはじめなければいけないのです。

捨てる判断を鍛える訓練をすれば、物を捨てる技術は得られる

物をなかなか捨てられない人は、捨てる判断を鍛えるようにしましょう。

そのためには訓練するしかありません。物を捨てる訓練をするのです。

アメリカで紹介されたいた物を捨てる方法には「15分間で27個の物を捨てる」というやり方があるようです。これはキッチンタイマーなどを15分にセットして、捨てるものを27個ゴミ袋に入れるという方法です。

実際にやってみると、ゲーム感覚でできると言います。単純に家の中で探してみてもいいし、服を27着というようにテーマを決めてもよいそうです。

物を捨てられない人は、賞味期限が切れたお菓子や空き箱など捨てても惜しくない物から始めてもよいかもしれません。そうすれば27個は簡単に集まるのではないでしょうか?

また、物をゴミ袋に入れる時にはじっくり見たり触ったりせずに、すぐに入れることがコツのようです。触ったりしていると、執着が沸いてしまうようです。

人によっては不用品を売ってお金にしようと考えるかもしれませんが、その場合も早く行動するようにしましょう。「売る」という行動が一つ増えてしまうため、面倒になってしまうかもしれないからです。

思い出が詰まっている物を捨てる方法とは

捨てるものを集めている時に、どうしても思い出が詰まっている物は捨てることをためらってしまいますよね。

しかし、ここで考えてみましょう。実際にそれを外出する時に持ち出すことはありますか?ないのであれば、思い出が詰まっている物は写真に撮ってアルバムに残しておきましょう。

また、本などであれば表紙だけを残しておいてもよいでしょう。その方が本棚もすっきりします。押入れの中に入っているものであれば、入れっぱなしにしておくよりもスッキリするのではないでしょうか?

では、もらったもの(アクセサリーなど)や手紙はどうしたらいいでしょうか?どうしても捨てられないのであれば箱に入れて保管するという方法もありますが、元彼や元カノからもらったものであれば未練を断ち切るために捨てるという選択肢を選んでもよいでしょう。

もし捨てる場合は、ゴミの分別方法を守って捨てるようにしましょう。

物を捨てる技術は人として成長させる

断捨離すると決めて物を捨てたとしても、心の整理ができないまま捨ててしまうと後悔することになるでしょう。もしかすると、罪悪感に苦しむことになるかもしれません。

そんなことにならないようにするためには、物を手放す時に心の整理をしなければなりません。

断捨離とは、捨てる物と残す物を選別する基準を定めることです。そして捨てた物へに執着も手放さなければなりません。

とはいえ、どうしても物を捨てる時には後ろめたさが出てくるでしょう。しかし、その想いと向き合わなくてはいけないのです。

その時にもう一度考えてみましょう。後ろめたさや罪悪感を受け入れて必要な物だけ残して生きていくべきか、受け入れることができないと諦めて生きていくか…。それを決めないと断捨離はできないかもしれません。

その想いを受け入れることによって辛くなるかもしれません。しかし、それを乗り越えることによって人として成長していけるのではないでしょうか?

掃除でものを捨てるコツカテゴリの最新記事